婦人科 子宮筋腫 子宮筋腫

子宮にできる良性の腫瘍(かたまり)が子宮筋腫です。珍しい病気ではなく、30歳代以上の女性の20-30%にあります。がんのような悪性腫瘍と違い、生命をおびやかすことはありませんが、貧血や痛みなど様々な症状の原因となります。また、不妊や流産の原因にもなりえます。しかし、ごく少数ですが、子宮肉腫という悪性腫瘍の場合と見分けが難しいことがあるので注意が必要です。

症状

主な症状は、月経量が多くなることと月経痛です。月経量が多い状態が続くと貧血になることがあります。その他に月経以外の出血、腰痛、頻尿(トイレが近い)などがあります。

診断方法

婦人科診察と超音波検査で診断します。大きな筋腫や手術を考える場合にはMRI検査をすることもあります。その場合、別の施設でMRI検査を受け、後日当院で結果説明をします。

治療方法

治療法には手術と薬がありますが、治療必要かどうかはできた場所や症状によって異なってきます。
検査結果を踏まえ、医師と治療方針をきめていきます。

土・日・祝日・夕方も診療・手術

診察時間 / 9:30~19:00

駅ちか
(東京メトロ銀座線 上野広小路駅 / 都営大江戸線 上野御徒町駅から徒歩30秒)

JR「上野駅」「御徒町駅」 / 京成本線「京成上野駅」 / 東京メトロ千代田線「湯島駅」より徒歩数分圏内

24時間WEB受付(完全予約制)
休診日は年末年始・ビル休館日(1年に1度)のみ
アクセスマップ

クリックで拡大地図を表示します

アクセスマップ